カードローンの申し込みを行っても、過去に返済遅延や滞納、債務整理といった金融事故が無いのに審査落ちするケースがあります。その原因として、短期間に複数社のカードローンの申し込みを行ってしまい、申し込みブラックという状態になっていることが挙げられます。借り入れを急ぐあまり、複数社同時の審査申し込みを行ってしまうと申込情報の照会で審査に引っ掛かり、多重債務の危険性があると判断される可能性が高くなります。
ですが、カードローンの審査基準は提供する会社が独自で定めているため、申込状況の程度によって融資を受けられる可能性が残っています。もし、借り入れを急いでいる場合は、大手消費者金融のカードローンから申し込みをするのがおすすめになります。金利自体は銀行より高くなってしまうものの、無利息期間が定められており、本命の銀行カードローンの契約が完了するまでの繋ぎに利用出来ます。
繋ぎで消費者金融のカードローンから借り入れを行っている間、銀行カードローンの契約を行い、改めて借り換えを行えば無駄な利息を支払わずに済みます。申し込みブラックになるのではないかと心配になりますが、あくまで程度の問題であり2社のカードローンの契約であれば、審査が通過出来る可能性は残っています。
ただし、重要なことは申し込みをする際、他社借り入れ状況で利用残高が高額になっていないことが重要です。もし、心配な場合は同月内での申し込みを避け、銀行カードローンの契約する際の理由として、他社借り入れの借り換えを目的にすれば柔軟な対応が見込めます。