Monthly Archives: 5月 2017

カードローンの申し込みブラックには要注意!

カードローンの申し込みを行っても、過去に返済遅延や滞納、債務整理といった金融事故が無いのに審査落ちするケースがあります。その原因として、短期間に複数社のカードローンの申し込みを行ってしまい、申し込みブラックという状態になっていることが挙げられます。借り入れを急ぐあまり、複数社同時の審査申し込みを行ってしまうと申込情報の照会で審査に引っ掛かり、多重債務の危険性があると判断される可能性が高くなります。
ですが、カードローンの審査基準は提供する会社が独自で定めているため、申込状況の程度によって融資を受けられる可能性が残っています。もし、借り入れを急いでいる場合は、大手消費者金融のカードローンから申し込みをするのがおすすめになります。金利自体は銀行より高くなってしまうものの、無利息期間が定められており、本命の銀行カードローンの契約が完了するまでの繋ぎに利用出来ます。
繋ぎで消費者金融のカードローンから借り入れを行っている間、銀行カードローンの契約を行い、改めて借り換えを行えば無駄な利息を支払わずに済みます。申し込みブラックになるのではないかと心配になりますが、あくまで程度の問題であり2社のカードローンの契約であれば、審査が通過出来る可能性は残っています。
ただし、重要なことは申し込みをする際、他社借り入れ状況で利用残高が高額になっていないことが重要です。もし、心配な場合は同月内での申し込みを避け、銀行カードローンの契約する際の理由として、他社借り入れの借り換えを目的にすれば柔軟な対応が見込めます。

カードローンの審査の基準は信用出来るのかどうかということ

カードローンの審査にあたって重要なのは「収入の多さ」だと思われがちですが、一番の大切な事は「信用できるかどうか」という事です。もしあなたが人にお金を貸す時に「この人に貸しても大丈夫か?」と思うでしょう。まずその相手を見て信用出来る人なら貸しても大丈夫だと思われるかと思います。カードローンも根底は一緒で人にお金を貸すわけですからやはり「その人本人の人間性」を見ます。審査の際には「信用情報機関に問い合わせて確認します」とよく言われます。その信用情報機関に今までのあなた自身の情報が全て乗っているのです。過去に借り入れをして返済が遅れていないか?期日を守ってきちんと返済や借り入れが出来ているか等、様々な契約に関する信用情報が乗っている機関です。そこにカードローン会社が問い合わせをして「この人は信用出来るのか」という事をまず確認します。信用情報機関お言われれば少し緊張すると思いますが、きちんとあなた自身が今までしっかり遅れずに返済していれば何の問題もありません。信用というのはそれほど大きいものなのです。その次に審査は収入を見るのでまずは今まで自分自身が借り入れをした際にしっかり返済や遅れがなかったかを確認する必要があります。初めてのカードローンを申込される方は大丈夫かと思います。

カードローンは何を基準にして審査をすすめているのか?

カードローンは何を基準にして審査をすすめているのか?カードローン審査は基準についてははっきりとは分からないことが多いです。
カードローンの審査が通る人もカードローンの審査が落ちた人もどちらの場合でも審査は同じ審査をします。しかしその審査内容は決して教えてくれません。内容はお伝えすることは出来ませんとあらかじめ伝えられる事があります。
私が思う審査の基準は収入面と信頼面だと思います。収面はやはり年収の問題があります。収入が少なければもちろん借り入れす利用額も必然的に少なくなります。
信頼面という点では仕事の内容や源泉徴収票等の収入証明、在籍確認等の社会的地位の信頼面は必要かと思います。
借りる側もしっかりしたものを持っているのかカードローン側も確認をすると思います。健康保険証等も有効かと思います。
あとは直接の電話での話す内容が大切かと思います。実際にオペレータとの話をする中で信頼度は増すこともあります。逆に少しでも分からないことがあれば絶対にオペレータの方に聞くべきです。適当な事や嘘を言ってしまえば相手への受ける印象も悪くなります。話の内容も事前にある程度考えておき、落ち着いて話することもおすすめします。