青汁とは

青汁とは、ケール、大麦若葉など緑黄色野菜の葉を原材料にした「青菜の絞り汁」。 ミキサーやジューサーで手作りすることもできますが、市販のものの多くは粉末状になっており、水に溶かして飲むスタイルが一般的です。

生の青菜をそのまま絞った汁であるため、青臭い、苦いなど昔はまずいものの代名詞のように扱われていました。

今では飲みやすいものが増え、フルーツが加えられたフルーツ青汁や、100種類以上もの野菜を配合した青汁、酵素入りの酵素青汁、乳酸菌入りの青汁など、多種多様な青汁が販売されています。

ちなみに青汁は英語では”green juice”。 グリーンスムージーとは似て非なるものとして、海外でも日本産のものが市販されているそうです。

青汁を飲むきっかけで多いのが「野菜不足を補うため」。 でも、粉の状態になっているのを見ると「本当に野菜に含まれている栄養を摂れるの?」と疑問も感じますよね。

試しに生ケール100gと青汁10gを比較したところ、含まれている量に差はあるものの、ほぼ生ケールと同種類の栄養素が含まれていることがわかりました。

含有量については、やはり生ケールの方が豊富に含まれている成分が多いですが、中には青汁の方が含有量が多いものも。 生野菜には及ばないものの、ある程度は野菜不足が補えるといえるでしょう

青汁は何に溶かすかによってバリエーションの幅が広い飲み物です。青汁の味が苦手な人は、牛乳や豆乳に混ぜたりと、工夫して青汁を飲んでいるようです。牛乳や豆乳を加えることで、抹茶オレのように甘味が増して飲みやすくなります。
青汁に果物を加えてミキサーにかけ、スムージーのようにして飲むのもおすすめです。

青汁は緑の色といい、抹茶にとてもよく似ていますから、抹茶代わりに料理に使うことができます。
健康サポートをしながら、お手軽に抹茶のドリンクやスイーツを楽しみたいという方が利用しています。

青汁を飲み物や料理などに入れる際に重要なのは、とけやすさです。
飲料メーカーは専用のシェーカーなどを付けて飲み物などにとかしやすくなるように工夫していますが、いちいちシェーカーを使って粉末をとくのは面倒です。
メーカーにより料理へのとけやすさに差がありますから、すぐにとけてダマにならないものがおすすめです。

青汁を飲み物にとかす際に気をつけたいことですが、加熱することでビタミンCなどの栄養素が壊れてしまうことがあります。
栄養素の性質にも注意することが大切です。

中でも下記のブログで紹介している商品はおすすめです

緑でサラナ 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です